「時空の森」の管理人“猫和尚”による日記
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
賢治先生の面影を求めて・・・
2008-02-19 Tue 00:57
行って参りました。素敵な幻灯会に!
NPO法人東京賢治の学校 自由\ヴァルドルフシューレ主催
記録映画 宮澤賢治の教え子たち その3「心象スケッチ」
の上映会を拝見するため、立川までの片道約二時間の小旅行。
行きの車中で、畑山博さん著「教師宮沢賢治のしごと」を読みつつ
予習をして伺いました。

・・・なんだかとても温かな気持ちになれた有意義な時間でした!
童話作家 宮澤賢治さんは、岩手県花巻市で農学校の教師をしていました。
教師 宮澤賢治から直接教えを受けた生徒さんたちが語った
教師としての賢治さんのエピソードの数々。
今まで知り得なかったお話や素敵なエピソードが聞けて
とても感動してしまいました。

・・・賢治さん、やはり霊感強かったみたいですね。
さっき片目のおばあさんとすれ違った・・・とか地獄の幻覚をみた・・・とか。
でも、実際には周りの人々にはおばあさんの姿も幻覚も見えない。
そんな「見えない世界」との交信ができた賢治さん。
やはりただ者ではなかった。。。

そして、賢治さんと言えば、信仰心が厚かったということは有名ですが・・・
周りの人や身内の方にご不幸があったときは、約一週間もの間
質素な食事を摂りお経を読んで、亡くなられた方を偲んでいたんだそうです。
岩手山に登山した際、ご来光にお経をあげていたとのエピソードもありました。
病床の妹トシさんが良くなるよう祈っていたんでしょうか・・・
その他にも・・・干ばつにより起こった、水を巡る村の争いごとを
ある方法で賢治さんが見事解決したというお話や、大沢温泉での秘密の
エピソードまで、様々な「知らなかった賢治さん」を知ることができました。

教え子の皆さんは、とにかく賢治先生は笑顔が素敵だったとおっしゃっていました。
そして、遠くまで通るきれいで大きな声、心の底からにじみ出る優しさを
もった素晴らしい先生だったとのことでした。
・・・なんだかとても胸が熱くなりました。
でも、何よりも、そんな賢治先生との想い出を語られる、教え子の
おじいさんたちの優しい笑顔と美しい東北弁がとても心にしみました。
まるで自分もその場にいてお茶を頂きながらお話をお聞きしているかのような・・・
そんな温かくて優しい気持ちになりました。

上映後は皆さんとディスカッションしたり、賢治さんの弟さんである清六さんに
会われたときのお話など、貴重なお話を聞かせていただくこともできました。
それから、東京賢治の学校の代表である鳥山さんの、映画制作の裏話なども
伺うこともできました。
そして、あっという間に終了時間に・・・
スタッフの皆さんも親切な方々ばかりで、手作りのお菓子とお芋、
温かいお茶まで頂き、皆さんとまったり和みの時間を満喫できました。
本当に楽しくてほっこり温かなひとときを過ごすことができました!

今後も引き続き上映作品をかえて上映会は行われるとのこと。
今から楽しみです!
詳細がわかり次第お知らせしたいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 幻灯会レポート | コメント:0 | トラックバック:0
| 時空の森*通信 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。